筋肉を鍛えるとき、鍛えたい部分の筋肉における「伸び縮み」を意識することが、効果的なトレーニングを行うために不可欠と言われています。ロコモアお試し

この筋肉の伸縮とそれら筋肉組織をつなぐ関節組織とは密接に関係しており、その事実によって力を出しやすい体勢と出しづらい体勢が存在する、と考えられています。

そうした筋肉の伸縮による、主な運動法の分類として、関節を固定するタイプと、関節連動を伴うタイプとが挙げられています。

関節固定型の運動とは、負荷をかけた筋肉の状態を一定時間キープする方法を指しています。

つまり動作が止まった状態を保つ運動法で、力を出しづらい体勢を一定時間キープすることで、その筋肉や関節の体勢自体を鍛えることをねらいとしています。

対して関節連動型とは、一般的なウエートトレーニングでよくある、筋肉の伸縮による反復動作を伴う運動法です。

こちらでは力の出しやすい体勢もしくは力を出す体勢と、出しづらい体勢もしくは力を抜く体勢とを交互に起こすことで、一連の伸縮動作を鍛える、といった意味合いが挙げられています。